営業代行サービスの特徴と料金体系を知りましょう

営業代行とは何かを知る

営業代行とは企業が行う営業活動を代わりに行ってくれるサービスのことを言います。営業代行の依頼を受けた営業代行会社は依頼元の商品やサービスをクライアントの代わりに売り込んでいくのが一般的です。そうした営業業務以外にも、営業戦略の立案、営業研修、テレアポなどを行うこともあります。近年は営業アウトソーシングとして依頼する企業が多くなっています。

営業アウトソーシングの仕事内容

営業アウトソーシングとは委託された営業プロセスを代行するサービスのことです。具体的には、既存顧客の商談からアフターフォローまでの一連の営業プロセスの仕事を行います。やり方としては2つに分かれます。1つは内勤型営業です。自社で電話やメールといった連絡手段を駆使して顧客とのつながりを維持しながら、受注獲得につながるようにクライアントに働きかけていきます。この場合、外勤営業はクライアント自身が行います。もう1つは外勤型営業です。クライアントに代わってお客様のところを訪問して商談をまとめることや、製品やサービスのアピールをします。この場合は、先ほどとは異なってクライアント自身が外勤以外の営業業務に注力します。

代行会社への報酬には種類がある

報酬の決め方については営業代行企業によって異なりますが、大きくは3種類に分けられます。1つは固定報酬型で毎月定額料金を支払うというものです。もう1つは成果報酬型です。これは営業代行会社の働きに応じて支払う金額が異なってきます。最後はこれらを組み合わせたもので、ベースの金額は決まっていて、成果次第で金額が上乗せされるというタイプのものです。

営業代行は、長らく営業成績が振るわない会社や、営業担当者が慢性的に不足する会社を中心にニーズが高まりつつあります。

Menu