自作の電気製品とは?メリットや危険性を比較してみよう

電気製品を自作することは出来るの?

家電量販店に行くと様々な家電製品が販売されています。暮らしを快適にそして豊かにするために家電や、電気製品はいまや私たちにとってなくてはならないものの一つです。そんな電気製品ですが、自作することは出来るのでしょうか?電気製品の裏によく書かれていますが、「技術のあるサービスマン以外には絶対に中を開けないでください」と警告書きがされていますよね。電気製品には、様々なパーツや配線があり、中には感電性の高い部分もあります。そのため、見よう見まねでは既製の電気製品を壊してしまったり、感電してしまうリスクがあります。

電気製品を自作するには、まずは技術と知識が必要だということを念頭に置いて作業を行いましょう。また、あくまで自己責任の元行うことも前提です。実際に自作、もしくは改良を行って既製品が故障してもメーカー保証対象外となりますので注意が必要です。

一から電気製品を自作したい!

上記では複雑な既製品の電化製品をいじったら、というケースでお話しましたが、実際に一から電気製品を自作してみたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?例えば、プロペラの動きを利用した扇風機やラジオの自作などは、夏休みの工作のキットなどでも見かけるポピュラーな自作電気製品です。仕組みがわかれば更に複雑な電気製品にもトライすることが出来ます。その際には、やはり感電と火災に十分注意しながら作りましょう。パーツだけではなく、電気製品の自作にははんだごてといった加熱性のある器具を使うこともありますので安全に作業を行いましょう。

プリント基板設計はインターネットを使ってランキングや口コミを参考にして業者を選ぶことがポイントです。

Menu